2018年08月17日

大物デュエットの共演疑惑

アレサ・フランクリンが亡くなりましたね。先日記したようにまた膵臓です。私が記憶に残っているのはジョージ・マイケルとのデュエット、「I Knew You Were Waiting (For Me)」です。



以前BSの「笑う洋楽展」で、こうした大物ミュージシャン同士のデュエット曲は、果たして本当に共演しているのだろうかという企画がありました。お互い別々に歌って撮って、後でそれらをつなぎ合わせてPV完成ということではないかという疑惑です。

結果、この曲は実際には共演していないということでした。しかし意外にも、ブリトニー・スピアーズとマドンナのデュエット、「Me Against The Music」という曲は実際に共演しているとのことでした。全然知らなかったこの曲、いかにも現代風のサウンドですが、80年代から継続して活躍しているマドンナの対応ぶりが素晴らしいですね。


posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽