2016年12月28日

広島と真珠湾で思い出した曲

先日はオバマ大統領が広島を訪れ、この日は安倍総理がハワイの真珠湾を訪れました。政治的な話はともかく、この報道を見て思い出した曲があります。小林克也さん率いるザ・ナンバーワン・バンドの「うわさのカム・トゥ・ハワイ」です。



特に歌詞後半の真珠湾攻撃の際、「わしらは布団で泣いたんじゃ」という箇所が印象に残っています。スネークマンショーでも笑いが先行される小林克也さんの芸風ですが、この曲では日本人移民の悲哀を謳っていることがよくわかります。

ちなみにスネークマンショーでは、アルバム「急いで口で吸え」で「愛の戦場」というラジオ劇で戦場の様子を扱っています。これも表面的にはコメディーになっていますが、その裏には深いものがあるなとその頃の中学生当時から感じていました。実際、聴くと悲しいですよ。



このバックに流れている「ブダペストの心」というヴァイオリン曲は、同じスネークマンショーの「海賊版」でも出てくるのですが、ここではあえてその紹介を控えさせていただきます。当時も今も、その音声劇は衝撃的です。と書くと、余計に聴きたくなるものでしょうかね。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2016年12月26日

今度はジョージ・マイケル

アレサ・フランクリンという人は名前は聞いたことがあるくらいでした。しかしこの度ちょうどという表現もおかしいですが、ジョージ・マイケルとのデュエットをBSの「笑う洋楽展」で観たばかりだったので、久しぶりに観たジョージ・マイケルがこういうことになろうとは思いませんでした。

その曲がこれ、「I Knew You Were Waiting (For Me)」です。聴けばあぁこれかと思う曲です。



ワム!はもともと転校生で内気だったジョージを、アンドリューが仲良くしてあげたということに由来すると聞いたことがあります。そして解散後のソロ活動時でしょうか、ゲイであることをカミングアウトしたこともありました。「Faith」はボウリング・フォー・スープの「1985」でもパロディーにされました。





今年のプリンスをはじめ、近年は80年代に活躍したミュージシャンの訃報が相次いでいます。それだけ自分も歳をとったということですが、それにしても早すぎます。ずいぶん前に亡くなった祖母が以前、「知り合いは皆いなくなってしまった」と話していたことを思い出します。もちろんそういうレベルの話ではありませんが、さみしいものです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2016年12月23日

乃木坂マウスでデスチャを連想

日頃室内で作業をしている時はテレビをつけ放しにしてあらゆる情報を取り込むようにしているのですが、平日の午前中はワイドショー、その合間に流れるCMで最近やたらと聞くのがマウスコンピューターのものです。低価格パソコンで以前からありましたが、こうした積極的な広告は初めてかと。曲が気になったので調べると、オジサンはまったく疎い「乃木坂46」というグループのメンバーでした。



印象に残るメロディー、あれっこれどこかで聴いたことがあるなとじっくり考えてみて出た答がデスチャでした。ビヨンセがいた「デスティニーズ・チャイルド」、その「Lose My Breath」という曲です。ほんの一部分ですので、聴き逃すかもしれないし、そんなの似てないよと思うかもしれません。健康食品の通販番組ではないですが、あくまでも個人的な感想です。



ただ、乃木坂の曲を作った人がデスチャを聴いていたということは世代的に十分考えられます。自分が聴いていた曲がいつの間にか自分で作ったような曲となるというようなことは、リッチー・ブラックモアやキース・リチャーズでもあったということを以前テレビで観たことがあります。

マウスコンピューターは珍しく国内生産とのこと。しかもデルで一躍注目されたBTO(Build To Order、受注生産)。乃木坂のイメージ戦略もありますが、今後買い換えの際は選択肢の一つに入れようかと思いました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2016年12月21日

書き入れ時と寝耳に水

この日夜のニュースを見ていて、立て続けに思わず吹いてしまった報道がありました。一つはノロウイルスの流行が今年は深刻で、東北の牡蠣の養殖場も大きなダメージを受けているようです。そこで現地の養殖業者へのインタビュー、「大変ですね」という問いかけに対し、「今が書き入れ時なんですけれどね」。

もう一つは病院の浄水システムがインターネット経由で不正操作される恐れがあるとのこと。これも関係者に取材したところ、「寝耳に水です」。いずれもできすぎではないかと思うくらいの受け答えです。まさか事前にネタを仕込んだとか。

ちょっとしたニュースでも突っ込んでしまいたくなるようなことが増えてきました。親父ギャグが加速しているのも自分でもわかります。親父ギャグと言われる所以は周りの親父以外が引いてしまうから。ならば同世代の親父だけで思い切り親父ギャグを交換したいものです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし

2016年12月19日

8日のうち3日も鹿と衝突

今年の冬は例年になく東京の仕事が忙しく、今月は週4日東京へ通っています。これが1月下旬からは週6日なんてことになっています。そしてこれまでは高速バスで通っていたのですが、年末に向けて渋滞が激しくなったり大きな事故が起こったりと時間が無駄になるので、今月から特急電車で通うことにしています。しかしです。

電車なので渋滞はないしこれで予定の時間通り行って帰ってこられると思っていたら、都会ばかりを走る電車ではないせいか、鹿との衝突により度々足止めを食っています。これまで8日のうち何と3日も。最初は帰りの電車に直接衝突、2回目はやはり帰りの前の電車に衝突したため手前の駅で待機、そしてこの日は折り返しで来る上りの電車に鹿だけでなく猪のおまけ付き。よって下りの出発が遅れたのでした。

全国で鹿や猪による農業被害が問題になっていますが、意外にもこんな影響があったのでした。もちろんJRも対策を考えていると思いますが、高速道路のように高架になっていたり壁で囲われているわけではないので、その可能性は高いのでしょう。渋滞に比べると遅延の程度はさほどではないですが、バスよりも費用はかかる電車通い、今後はまた見直さなくてはいけないかもしれません。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし

2016年12月01日

血圧計な朝

KIMG1709.JPG

毎年の健康診断で徐々に血圧が上がっているなと感じていたところ、先日の献血ではこれまでにない数値。高血圧になるような生活習慣ではないですが、やはり加齢には勝てないなと。そこで日々の意識を高めるため、この度家庭用の血圧計を購入しました。

KIMG1708.JPG

いろいろある中で選んだのがシチズン製のもの。使わないときは時計として使えるのがいいです。血圧計には手首で測るタイプと上腕で測るタイプがありますが、上腕の方が心臓に近いので正確とのこと。その上腕に巻き付ける部分が時計の後ろに収納できるのです。

毎朝起きては測るこの頃。すぐにどうということではありませんが、日々のメンテナンスが大事になってきた歳ということです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし