2017年03月28日

アンガスビーフでギターリスト

KIMG1982.JPG

学生時代、好きな女の子を友達と二人で都心から遠く離れた自宅まで車で送って行った帰り、ファミリーレストランで食べたのをよく覚えているのがアンガスチョップドハンバーグステーキでした。その当時からアンガスビーフは日本では定着していたようで、この日久しぶりにスーパーでその名称を目にしました。外食産業に使われるくらいですらリーズナブルこの上なく、肩ロースが100g178円でした。

KIMG1983.JPG

もちろんいつもの炭火焼き。これ一枚で500円くらいでした。

KIMG1984.JPG

正直味はコストコのプレミアムグレードの方が少々高くてもいいかなと思いましたが、それでも悪くはなかったです。行ったことはありませんが、最近人気の「いきなり!ステーキ」ってこんな感じなのかなと思ってしまいました。

さて今回は食べものブログではなくこの田舎暮らしブログの音楽カテゴリーに投稿したのは、これから連想したアンガス・ヤングだからなのでした。言わずと知れたAC/DCのギターリストです。もう60歳を超えているかと思いますが、いまだにステージでは当時と同じ小学生のような半ズボン姿のようです。

AC/DCの曲は数多くありますが、そのアンガスがフィーチャーされているこの曲で。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2017年03月22日

富山海の幸三昧

鶏たちが一泊程度の旅行では大丈夫なことがわかったので、先日の沖縄横浜に続き、今回はかねてより計画していた富山に行ってきました。もちろん目的は海の幸、何しろ海なし県民ですから。

いつものように旅行しても外食しない私たち、ホテルで早い時間から宴会です。調達したのはいずれもかつて行って間違いないお店のもの、刺身類が中心です。

KIMG1945.JPG

季節はホタルイカ、一つは生。寄生虫があるので刺身では内臓を外します。

KIMG1946.JPG

もう一つはボイル、これは内臓ごといけます。

KIMG1948.JPG

写真の色は悪いですが甘エビ、正式にはホッコクアカエビといいます。これが抜群に甘くてうまい。一般に出回っている甘エビとはケタ違いです。

KIMG1950.JPG

タラの塩辛というもの、どうも部位からしてエラのようです。コリコリの食感です。

KIMG1951.JPG

これは七尾のフグ。先日たまたまテレビで観ましたが、何でも石川県は天然のフグの水揚げが日本一なのだそうです。身も、そして皮の湯引きもとてもおいしかった。

KIMG1952.JPG

自家製というシメサバ、上記のフグとともに七尾の鮮魚店のものです。しめすぎずに生に近く、かといって生臭くない、青魚好きにとっては最高の出来です。

KIMG1954.JPG

ウマズラハギはもちろん肝和えで。

KIMG1957.JPG

氷見で揚がったメジマグロも飛び入り。この土地この季節まったく想像していませんでしたが、せっかくの機会ですから。写真の赤が悪く、まるでサーモンのような色合いになってしまっています。

KIMG1958.JPG

そして能登の天然ブリ。もうこの時期は氷見ではブリは終わりのようで、スーパーでは三重産のものばかりでした。しかし七尾まで来るとまだ地元のものがあるようです。これも抜群にうまかった。ブリは脂の乗ったところというイメージがあるかと思いますが、むしろ赤身の方が味があっておいしいです。肉も同じで、これが本来のうまさなのでしょう。

食材の詳細についてはまた食ブログの方でご紹介したいと思います。今回は行きはほとんど下道で5時間の道のり、帰りは日本海岸線を通り白馬から松本経由で。いずれも快適なドライブで楽しめました。また季節を変えて行くこと必至です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし

2017年03月11日

新しい薪ラック3台が完成

先日東側のテラスの上に屋根を付けましたが、今回はその続きです。もともと屋根の長さをテラスの奥行きよりかなり長くとっており、そのはみ出した部分は薪ラックの屋根となる設計です。

KIMG1921.JPG

それがこれ、8フィートのツーバイフォー材10本で作りました。これから来シーズンの薪割りをするので、今は重しのために最小限の薪を積んでいます。

KIMG1922.JPG

そしてこの日もう一つ完成したのがこれ。大きな薪のほかに、焚き付けの枝を積んでおくラックです。屋根の波板は以前の薪ラックの再利用、ポリカーボネートの波板は10年経っても劣化しません。鶏舎の横に同じようなサイズで作りました。

しかしこれらの薪ラック、大きな2台は約5,000円、小さな1台は約1,500円の材料費でできました。ネジや傘釘などは残っていたものを使ったこともありますが、それにしてもDIYの安さには驚きです。今年は移住後10年目の節目、いろいろなものを新たに作ったり作り直したりする年となります。まだありますよ。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | DIY

2017年03月08日

一晩飲むために横浜ホテル泊

今まで何回となく行った友人が経営する横浜の居酒屋、この度閉店するということで急きょ行ってきました。連絡をもらったのが数日前なので本当に急きょです。飲めば当然帰れませんからホテル泊です。これも急きょネットで予約しました。幸い空いていた日が続いた平日なので、対応できました。

KIMG1908.JPG

食べたのはこのホヤとか、

KIMG1910.JPG

刺し盛りとか(相変わらず赤色が良く出ないスマホのカメラです)、

KIMG1913.JPG

クジラとか(これももっときれいな赤)、

KIMG1914.JPG

なぜかローストチキン、これは子供たちへのお土産で、私たちが食べたものでも、お店が出したものでもありません。

KIMG1917.JPG

そしてこのマグロのアゴ肉。ベルギービールとかいろいろな日本酒を飲んで、たくさんのお客さんが後から来ましたが結局彼らが帰るまで飲み、最後まで居座ってしまいました。後半はセルフで酎ハイを作るなどメチャクチャです。

お店を閉めるのは何も売上不振ではなく、新天地でのお店で請われてだとのこと。その新天地とは何と小田原。最近行ってきたので馴染みもあり、その新天地のお店の前も通ってきて知っていたのでした。今度は小田原飲みでホテル泊かな。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし

2017年03月01日

テラス上に新たに屋根を

KIMG1893.JPG

南側のテラスには以前客席用に屋根を付けたり壁やカーテンを付けたりしましたが、今回は東側のテラスに屋根を付けました。このスペースを雨風に影響されることなく使いたかったからです。あとは積雪対策に補強したり、やはりビニールカーテンを付けたいと思っています。

KIMG1894.JPG

10年前移住した際に作った薪ラックは、このポリカ波板を留めるのに傘釘を使っていましたが、今やこうしたビスがあるのですね。この方がきれいに出来上がり、耐久性もあります。そう、この波板屋根はテラスの雨よけのみならず、延長して薪ラックの屋根にもなる設計にしていたのでした。

し、か、し、作業の途中で痛恨の設計ミスに気付きました。波板の重ねしろの寸法を完全に誤ってしまい、ほとんど重ねる部分がないのです。通常は2.5山重ねるところを、ギリギリの設計しかしていないので0.5山しかありません。波板を買い足して2.5山重ねるようにすればいいのでしょうが、今回はそうもいかない事情がありました。

この日は夜から雨予報で、沖縄に行く前に作っていた骨組みがむき出しとなっており、何としても屋根を付けないといけないのでした。なのでそのまま強行し、結果その雨では漏れはありませんでした。今後台風などで風が強い雨でどうなるかわかりませんが、その時はまた張り直しを考えます。

いずれにしても昨年から構想のあったこの屋根、実質作業は3日で済みました。それも事前に入念な設計をしていたおかげです。しかしその設計が仇となりました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | DIY