2017年10月31日

もうどうにもとまらない

連日の音楽ネタです。この日は昔でいう懐メロ番組でしょうね、最近多い昭和の曲を特集したものが放映されており、その中で山本リンダさんが出ていました。まだまだ現役のようです。歌ったのは「こまっちゃうナ」と「どうにもとまらない」。いずれも代表曲ですが、テロップを見ると発表年にかなりの開きがあります。それで思い出しました。

「どうにもとまらない」を作曲した都倉俊一さんの回想録で、当時レコーディングに立ち会った際の話です。もともとこの曲は阿久悠さんの作詞で「愛のカーニバル」だか「恋のカーニバル」といったタイトルだったそうです。それを録音する時に一発で決まらないので、「もう一回いってみよう、どうにもとまらない」ということでこのタイトルになったそうです。

その回想録では「こまっちゃうナ」以来ヒットがなかった中で都倉俊一さんに作曲の依頼があり、山本リンダさん本人は「シャンソンが歌いたい」と言っていたらしく、都倉さんは「まず歌い手のマインドをリセットしてくれ」と要求したそうです。確かにリンダさんとシャンソンは今となってはイメージが結び付きませんよね。

ダン池田さんが懐かしい映像はこちら。


この作曲家が(あるいは作詞家が)歌い手に対してダメ出しをした時代、今では考えられないようです。その理由は当時はプロデューサーという存在がいなかったからということです。それを知ったのは少し前で、坂本九さんの「上を向いて歩こう」を作詞した永六輔さんが、初めてデモテープを聴いた時に激怒したという。俺は「うへをむふいてあはるこほほう」なんて詩は書いてないぞとのこと。だから少し前の歌手は作詞家や作曲家の人のことを「先生」と呼ぶのだなと理解しました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2017年10月30日

ランナウェイは体験談だった

この日の「徹子の部屋」には音楽評論家の湯川れい子さんをはじめ、鳩山元総理の奥さん、細川元総理の奥さん、そして朝日新聞の編集委員だった下村満子さんが出ていました。何でも4人でのコーラスユニットで活動しているそうです。

その湯川れい子さん、先月の日経新聞で「私の履歴書」を連載していました。さすが詩を書く人だなととても面白く読ませてもらいましたが、まさに波瀾万丈の人生です。その中で当時シャネルズ(その後ラッツ&スター)のデビュー曲「ランナウェイ」の話があって、その詩の内容は湯川さんがお互いの親から交際を反対されていた男性のことだということです。これを読んで改めて聴くと実に興味深いです。



もう一つ連載の中でタイトルだけ紹介されていたのが、アン・ルイスさんの「六本木心中」です。これは当時バブル期を象徴する曲の一つだと私は思っていて、とんねるずの二人や可愛かずみさん、川上麻衣子さんが出ていた深夜ドラマ「トライアングル・ブルー」のエンディングでかかっていたのをよく覚えています。

曲はこちら


もともとの湯川さんの歌詞は「長いまつ毛が素敵ねあなた」だったそうですが、それをアン・ルイスさんが「長いまつ毛がヒワイねあなた」と変えたということを以前何かで読んだ記憶があります。

ドラマはこちら
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2017年10月29日

さながら頑張れ未来の巨匠たち

ピヨたちを飼って本当に良かったと思うのは、卵はもちろんですが野菜の残さをほとんど処理してくれることです。おかげで生ゴミが相当減っています。なので卵を産まなくなってもその役割には重宝するのです。

今年も聖護院かぶらを育てました。いつもの千枚漬けならぬ百枚漬けを作るのですが、皮を含めた外側の部分をかなりぶ厚く削ります。おまけに今年はこの長雨のせいか中まで傷んでいる実が多く、丸ごと使いものにならないものも出てきました。

KIMG2499-001.JPG

そこでこれらをこのように細かく刻みます。いくら残さとはいえ、葉もの以外はそのまま食べられません。大好きなイモ類などはついばみますが、それほどでもないこうした野菜は刻んで糠にまぶすときれいに食べてくれます。ただひたすらさいの目状に刻むこと1時間、捨てればゴミですが活かせば資源です。

こうした単純作業を黙々と続けていると、さながらテレビ番組「チューボーですよ!」の頑張れ未来の巨匠たちのようです。今脚光を浴びているシェフ達も最初はこのような作業から始まるのですよね。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 養鶏