2019年03月24日

産みの苦しみ3,000個

ピヨたちが毎日卵を何個産んで、それを何個使ったかという記録を付けていますが、この日ついに累計3,000個を産みました。しかし1,000個までは325日、そこから2,000個までは265日だったのに対し、そこから3,000個までは579日かかりました。早くも産卵のピークを過ぎているようです。

IMG_20190325_135742-001.jpg

秋口の心配から一転、今は順調に産み続けています。今はこうして常時50個ほどの在庫があります。なので店のサンドイッチは毎週オムレツサンドがあります。

2015年3月30日に生まれたピヨたちなので、もうすぐ4歳になります。卵を産み始めて約3年、当初は12羽でしたが今は9羽、決して良い産卵率とは言えませんが、毎日健康的に育って長生きしてくれればそれでいいです。もちろん卵も細々とでも産み続けてくれれば。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 養鶏

2019年03月21日

マッケンジー法で腰痛知らず

移住してから野菜づくりを始めた最初の年、ひどいぎっくり腰をやりました。2ヶ月は車も運転できず、風呂もトイレもかなり難儀しました。それ以来、これほどのひどさではないにしろ、年に1,2回は軽いぎっくり腰をやるのが常でした。

そこでちょうど一年前、かねてより聞いていた整体の先生のところへ行ってきました。ぎっくり腰の原因が間違いなく畑作業にあるので、春の畑が始まる前に予防的に行っておこうと思った次第です。その前の年の7月に、やっと歩けるくらいのぎっくり腰をやった際に電話したところ、「治してから来て下さい。うちは医者ではありません。」と言われていたからでした。

そこで教えられたのがマッケンジー法という日常の予防法です。うつぶせになって腹の辺りに手の平を床につけ、腕の力だけで上体を反らして腰を伸ばす方法です。何とも簡単なことで、これを毎日寝る前に10回やって下さいとのことでした。

もちろん忘れる日もありましたが、ほぼ毎日これを続けたところ、この一年間軽いものも含めてぎっくり腰は一度もありませんでした。整体は初めてでしたが、行ってみるものだなぁと思いました。ちなみにこのマッケンジー法という名称を一度聞いただけではっきり覚えられたのは、水谷豊さんの最初の奥さんの名前を思い出したからでした。

ただ、ネットで調べてみるとこの方法で却って悪くなったという情報もありますから、くれぐれも自己流でやらずに、専門家の指導を受けてからやった方がいいと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし

2019年03月18日

ビートルズとオリビアの前奏

先日FMに出演して以来、勝手に自分では連想癖とか音楽連想家と言っていますが、くれぐれもそうしたことを探しながら音楽を聴いているわけではありません。普段聴いている音楽にたまたまあれっと気付くことがあるだけなのです。それは最初に聴いた時もあれば、何十回も聴いて初めて気付くこともあります。

今回は後者の方です。ビートルズとクラシック音楽の関係を特集した番組を観て、それはそれでとても面白かったのですが、その中で出てきた「Michelle」。何度も聴いているはずですが、今回初めてあれっ、これってと思いました。



当時中学生だった時に聴いていた、オリビア・ニュートンジョンのアルバムにあった「Silvery Rain」です。それまでの清純派から脱皮したアルバムと言われている「Physical」からの一曲です。当時持っていましたが、今のレコード懐古ブームからすると何とも惜しく、手放してしまいました。



ね、そっくりでしょ。別に盗作とかパクリとか言うつもりは毛頭ありません。ただこうした似たところを見つけては喜んでいるだけです。以前聴いた音楽に影響されるのは当然のことで、オマージュとかトリビュートという形で表現されていることはとても好ましいと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2019年03月12日

竹内まりやさんのビートルズ

ディズニー映画の曲を手がけたことで再び脚光を浴びている竹内まりやさんですが、ここのところYBSラジオでは「プレイバック80's」と題して当時のベストテン番組で挙げられた曲を紹介しているようです。その中でこの日は中山美穂さんの「色・ホワイトブレンド」がありました。



この曲も竹内まりやさんによるもので、改めて聴けばなるほどと思います。多くの楽曲を作っている彼女の作品で何が一番好きかと尋ねられたら、最近頭の中をよぎっている「マージービートで唄わせて」と答えると思います。歌詞の内容から明らかにビートルズのことを歌っていて、特に最初のサビの後の出だしが短調を思わせるところが気に入っています(全体は長調ですので)。



ちなみにビートルズサウンドを連想させる曲では、以前にも書きましたがパフィーの「これが私の生きる道」があります。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2019年03月10日

ストーンズの曲を真似たロッド

先日のFMラジオの出演以来、より音楽の連想を意識するようになってきました。しかしこうしたものは探して見つかるものでもなく、普段の何気ないリスニングからふと気付くのがほとんどです。

しかし以前連想したものが何だったっけと思うことがあり、だから忘れないようにこうしてブログに記しているわけです。この度そうした曖昧な記憶を辿って備忘記録を確かめようとしましたが、残っていません。やっとのことで思い出した、ロッド・スチュワートがローリング・ストーンズの曲を真似て作った、「Da Ya Think I'm Sexy?」です。



これは、ストーンズの「Miss You」のような曲が作れないかと思ったということを、以前テレビで観ました。



聴けば確かに。ベースの音などよく似ています。いつものことですが、こうした連想が実に楽しい。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2019年03月07日

フレディのエーオのルーツ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のクライマックスは、ライブ・エイドにおけるクイーンのステージですね。その中でフレディが、「エーオ」というコール&レスポンスをやっています。さてこれって何だったっけと思っていたところ、あ、そうだこれだとこの日思い出しました。

ハリー・ベラフォンテという人の「バナナ・ボート」という曲です。人や曲を知らなくても、聴けば覚えがあるはずです。正確には「デーオ」と言っていますが、音階は一緒です。



この曲は野茂英雄さんが大リーグに渡って大活躍した際、「ヒデーオ」という風に用いられました。

ハリー・ベラフォンテは、あのUSA for Africaを提唱した人だそうで、その裏話をテレビで放映していました。スーパースターが集う現場で和が乱れそうになった時、レイ・チャールズが「バナナ・ボート」を歌い出して皆が参加し、まとまったということです。

昨日FMの生放送に出演した際、このUSA for Africaとバンド・エイドの違いについて話しました。もちろんアメリカとイギリスの違いのほか、USA for Africaはダイアナ・ロスやシンディ・ローパー、キム・カーンズ、ディオンヌ・ワーウィックといった女性が多く出てくる一方、バンド・エイドはほとんど男性なのでした。

ちなみに、このFM出演は今回限りではなく、もう少し続きそうです。詳細が決まればまたご報告します。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2019年03月04日

サガノユウキ氏の番組に出ます

サガノユウキさんという地元出身のシンガーソングライターがいます。FM八ヶ岳でご自分の番組を持っているのですが、この度その生放送に私がゲスト出演することになりました。日時は3月6日(水)12:00〜12:30です。

今回は店や野菜づくりの話ではなく、音楽の話をします。普段私がブログで書いている、この曲とこの曲のここが似ているといった内容です。何の曲が出てくるかは当日のお楽しみ。

FM八ヶ岳は地元でしか聴けないと思いきや、今はネットで全国のコミュニティFMを聴くことができます。サイマルというサービスです。下記サイトの「関東」のページで一番下にFM八ヶ岳があります。

https://www.jcbasimul.com/

よろしければぜひ。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽