2019年06月24日

My Sharonaでいろいろ発見

先日のディスコナイトでも流したザ・ナックの「My Sharona」の特集番組を観ました。毎回この手の番組はそうですが、今回も驚きがいくつか。



このSharonaという女性は実在していて、当時ナックのファンの一人だったそうです。ヴォーカルの人がそのシャローナさんに惚れてしまい、当時それぞれ恋人がいたそうなのですが、その後付き合うようになったそうです。ヴォーカルの人は亡くなってしまいましたが、現在のシャローナさんがインタビューに出ていました。

knack.jpg

このレコードジャケットの人です。

そしてこの辺の時代からは、いわゆるプロデューサーという存在が大きく活躍するのですが、このナックのファーストアルバムを手がけたプロデューサーは、ブロンディの「Heart Of Glass」を創った人だそうです。



ブロンディは面白いバンドで、よくあるのが同じバンドだとどの曲も似通ってくるというところ、このグループはまったく違った色の楽曲を次々に出してくるところです。その一つが先日のディスコナイトでも披露した「Call Me」です。



そして、何とマイケル・ジャクソンの「Beat It」に、この「My Sharona」が影響しているということです。当時のプロデューサー、クインシー・ジョーンズが「My Sharona」の黒人版を創りたいと思ったのが「Beat It」だそうです。似てますかね。



それにしても一つの楽曲からこうした広がりがあるというのは実に楽しい。これだから音楽鑑賞はやめられません。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2019年06月20日

ディスコミュージックとは何か

最近書いているように最近ディスコづいていますが、私が一番ディスコに通っていたのは実は高校生の時です。横浜に住んでいましたが東京の学校に通い、部活が終わってからは新宿のロッカー室で私服に着替え、夜な夜な行っていたものです。時効でしょうが、アルコールもその当時から。

ディスコミュージックというジャンルは明確に確立されていないと思いますが、何となくノリのいい、ちょっと専門的にはグルーブ感といったものでしょうか。ドナ・サマーのようにディスコの女王と呼ばれたアーティストもいましたが(生前本人はこの表現を大変嫌がっていたそうです)、ディスコ専門のアーティストというよりは、あるアーティストのこの曲がディスコっぽいというのが多いかと思います。

例えば、ロッド・スチュワートの「Da Ya Think I'm Sexy?」。ロッドは全然ディスコ専門ではないでよね。でもこれは明らかにディスコっぽい。



そして、ローリング・ストーンズの「Miss You 」。これはもともとロッドがストーンズの曲を真似たということは以前書きました。それは単に似ているということでしたが、今回は別の観点でこれがディスコミュージックだと気付いたことです。



ではなぜこれらがディスコミュージックであると感じるのか、今回私なりに理由付けできました。それは、ベースの音です。テンポが速く、高音が多いとディスコっぽく聞こえます。もともとベースという楽器は低音をゆっくり弾くものですが、これを反対にするとこの2曲をはじめとしたディスコっぽい曲になると思いました。

例えば、典型的なディスコミュージックとされるドナ・サマーの「Hot Stuff」も、ベースの音が際立っています。



もちろん、ほかの要素もディスコミュージックの定義にあるのは重々承知ですが、ベース好きの私にとってはどうしてもこの視点は避けて通れないと思いました。また、当時ディスコが大流行した時代、レコード会社からの圧力でこうした曲を作らざるを得なかったという事情もあったようです。

当時はビルボードヒットチャートには全然載らないけれど、ディスコでしか聴けない曲というのがいくつもありました。それらはベースの音とは関係ないものも多くありました。いずれにしてもノスタルジー。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2019年06月16日

ディスコナイトの写真

先の記事を載せてからこれまでにない反響、早く動画を見せろいうのが多かったですが、残念ながら今回は満足な動画がありません。そこで、プロのカメラマンが暗い中撮ってくれた貴重な写真がありますので、いくつかご紹介します。

--39.jpg

ブロンディの「Call Me」でのボケ。この前に普通のショルダーフォンを模したのですが、2コーラス目はこのバカでかい電話で重さに潰されるパフォーマンスをしました。

--51.jpg

曲はドナ・サマーの「Hot Stuff」、パフォーマンスはマイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」にしました。いろいろなポーズを決めた後、これは後半に出てくる手と足を伸ばしたダンスを模しました。

--88.jpg

曲は以前書いた初めて知った曲、どうしてもこれをやらないわけにはいきません。

--36.jpg

一緒に踊った姉さんたちです。格好いいでしょう。普段話していてもとっても魅力的なんです。

--97.jpg

これも今回初めて知った曲、「Jive Into The Night」というものです。このサビのjiveがどうしてもジャブに聞こえるため、ボクシングスタイルにしました。

--102.jpg

その姉さんとの打ち合いの末、

--104.jpg

KOされるというパフォーマンスです。この後に白いタオルが投げられました。

--116.jpg

その後はKISSの「I Was Made For Loving You」、一応ジーン・シモンズやりました。舌は自分のものは出したくなかったので、ストーンズにしました。

--136.jpg

最後はデッド・オア・アライブの「You Spin Me Round」、眼帯をし、2番ではPV通り千手観音もし、サビではこうしてテープで巻かれてくるくる回りました。どこまでわかってくれたかなぁ。

この後にアバの「Dancing Queen」でエンディングだったのですが、もうその頃はヘトヘトです。写真がなかったので紹介しませんでしたが、このほかにMCハマーの「U Can't Touch This」とか、ナックの「My Sharona」とか、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「Relax」などのパフォーマンスもありましたから。

--176.jpg

ステージ終了後に一応メンバー紹介。完全に疲れた顔になっています。

--185.jpg

最後の記念撮影ではほとんど眠そうです。

実は当日ここまでこぎつけるのにいろいろあり、当日もまたそれ以上にいろいろあり、単純に楽しかったと言えるイベントではありませんでしたが、まぁそこそこやり切ったという感じです。小道具も用意したことだし、周りからも身内からも(今回小道具や衣装のスイッチをサポートした妻のことですが)、もったいないから今後もやればということでした。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし

2019年06月12日

5kg痩せました

62304032_1699078780235480_9143241248625131520_n.jpg

萌木の村ROCKのイベントに出演してきました。これは本番前の写真です。二人の姉さんはダンスのプロ、私は到底ついていけないので、衣装と小道具で三の線に徹するしかありません。仮装の師匠からお借りしたこの格好でオープニングしました。

実は先のゴールデンウイークは10連休ずっと営業で、忙しすぎて3kg痩せました。加えて今回のダンスパフォーマンス、30分間踊り続けるための体力を養わないとということで、本番2週間前からトレーニングをしていたのでした。

結果さらに減量し、結局5kg痩せました。今もキープしています。定期的に献血をしているのですが、毎回体重を訊かれるので「前回と変わりません」と答えていたのですが、今回は「前回とは違いますよ」と答えたくて、この日わざわざ献血に行ってきました。

身体が絞れると、日常生活のいろいろなところで動きが変わってきます。畑作業で腰や膝が痛くなることがあまりなくなりました。やはりキレが違うかなと。体脂肪率や内臓脂肪も正常になってきました。多分今健康診断をすればかなり良い成績になると思います。

ダンスパフォーマンスの方はいろいろありましたが、お客さんは結構楽しんでくれたようです。ちなみに私がパフォーマンスしたのは、「My Sharona」のギター、「Relax」の懐中電灯、「I Was Made For Loving You」のジーン・シモンズ、「You Spin Me Round」のピート・バーンズなどなどでした。

当時を知っている人にとってはわかる、でも当日は知らないであろう若い人たちも結構盛り上がっていました。


posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし

2019年06月05日

最後のFM出演とROCKの出演

IMG_20190605_123617-001.jpg

この日4回目のFM出演をしてきました。今回で最後です。そして今回の衣装は、この週末に開催される萌木の村ROCKでのイベントに出演する際のものです。これは自前のものではなく、私が仮装の師匠と仰ぐ女性から頼んでもいないのにありがたく送られてきたものです。大事に使わせていただきます。

今回は30分で20曲、踊りっぱなしです。前回の夜桜まつりと同じ、ダンスのプロである姉さん二人と一緒なのですが、当然私はボケに回ります。今回は小道具やつなぎの精度も上がっており、より楽しんでいただけるのではないかと思います。

時間は21:30〜ということで、いつもならとっくに寝ている時間です。当日も店の営業、翌日も朝7時から営業、きついですが皆さんに喜んでいただけるならということで、最初で最後になるかと思いますが、がんばります。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし