2019年08月31日

アレンジで違うヒット曲

歌詞やメロディーはいいのに、なぜかヒットしないという曲は世の中に多いのかなと、つくづく感じさせられた一件です。まったく同じ歌詞とメロディーなのに、方やパッとしなく、方や大ヒットしたという洋楽があります。

バグルスの「Video Killed The Radio Star」(邦題:ラジオ・スターの悲劇)です。これはもともと3人で作った曲であり、その一人が引き抜かれてリリースしたのですが、それがあまり売れなかったとのことです。その一人とは、ブルース・ウーリーという人。



そして残った二人、トレヴァー・ホーンとジェフ・ダウンズがいろいろとアレンジを考えて作った曲があの大ヒット曲です。特徴的な女性ヴォーカルの声と出だしのキーボードサウンドが肝だったようです。ミュージックビデオの幕開けとなったテレビ番組、MTVの最初に流れた曲としても有名ですよね。



トレヴァー・ホーンはその後プロデューサーの道を歩み、いろいろとヒット曲を生み出しました。印象的なのはフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「Relax」。歌詞が卑猥として放送禁止もなりましたね。



ジェフ・ダウンズはその後エイジアを結成、「Heat Of The Moment」が一番有名ですかね。



個人的には「Don't Cry」が印象に残っています。外資系企業に勤めていた当時の受講生が歌っていた曲です(当時先生業をしていました)。



いずれにしても、小学生当時からテレビの歌番組を観ていて、作詞、作曲はわかるけれど編曲って一体何だ?と思っていました。今で言うアレンジ、その重要さにつくづく気付いた曲でした。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2019年08月24日

シンディのあの曲もカバー

これまであの有名曲が実はカバーだったということは何度もありました。例えばフランク・シナトラの「My Way」(以前書きました)、エルヴィス・プレスリーの「Hound Dog」や「Love Me Tender」(これも以前書きました)、比較的新しいものとしてはジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの「I Love Rock'n Roll」、ホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」などです。

今回も新たな発見、シンディ・ローパーの代表曲と言えるでしょう、デビューシングルの「Girls Just Want to Have Fun」(邦題は「ハイ・スクールはダンステリア」)です。これはもともとロバート・ハザードという人の曲だったということです。



シンディよりもかなりロックっぽいですよね。歌詞の内容も「俺のところに来る女はただ楽しみたいだけさ」といった女性蔑視の内容だったらしく、シンディは当初「私は絶対この曲は歌わない」と言ったそうです。しかしプロデューサーに説得されて、「女の子は楽しむことを積極的に求めるの」という内容にシンディが変えたそうです。



このパターンは、オリビア・ニュートン・ジョンの「Physical」と似ています。もともとこの曲はティナ・ターナーに提供されたそうですが、「内容が卑猥でとても歌えない」と断られたそうです。ところがオリビアはこれをフィットネス運動に意味を置き換え、あのヒット曲につながったということです。



そしてもう一つ驚いたのが、この楽曲を作ったエンジニアが用いたのが、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズの「Come On Eileen」のリズムだったということです。当時アメリカのどこでもかかっていたあれを使えないかということで、テンポアップしたのだそうです。似てますかね。



シンディのこの曲のPVに出てきたお母さん役は本当の母親だったり、お父さん役はプロレスラーだったりしたことは有名な話です。また最近では、空港で足止めになった際に苛立つ乗客を和らげるためにアカペラでこの曲を歌ったなんていう話もありました。松山千春さんでもこうした話がありましたよね。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2019年08月19日

さらに3kg痩せました

怒濤の20日間が終わりました。フィールドバレエの出店から切れ目なくお盆休み週間に入り、アルバイトならすぐに逃げ出すブラックぶりでした。一日中仕込んだり営業したりして、まともに食べている時間がない。食べるのは作業しながら立ったまま少しだけ。

GWからその後のイベントにかけて5kg痩せたのですが、今回のハードワークでさらに3kg痩せました。知り合いの方からも「痩せましたね」と言われるくらい見た目でわかるようです。しかしこれでやっと身長に対するいわゆる標準体重。これまでがおかしかったかもしれません。

痩せたので動きがシャープになると思いきや、立ち仕事をしているだけなのでまったく運動していなく、体力も落ちていること間違いないです。畑も全然追い付いていなく、ただ収穫するだけ。例年にない草ぼうぼうの状態です。周りからは自然農を始めたのかと思われているかもしれません。

これでやっと一段落、リバウンドしないように気を付けます。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし