2020年02月15日

バングルスのギターリフ

本当に便利な時代になったもので、当時の音楽がネットで気軽に楽しめます。その一つ、あぁこのギターリフ聴いたことがあるなと思ったら、なんとバングルスでした。



確か当時のテレビドラマのオープニングでかかっていたような記憶があります。そしてこれも実はカバー。オリジナルはサイモンとガーファンクルらしいです。



この二人にしてはずいぶんとロックっぽい曲だなと思いました。アコースティックギターですけれどね。

バングルスは特に私たちの世代にとっては80年代の印象が強いですが、本人たち曰く、ルーツは60年代の音楽ということで困惑しているとのことでした。ビートルズっていうことですかね。

バングルスと言えばこの3曲。

Walk Like an Egyptian


Manic Monday


Eternal Flame
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2020年02月14日

天国への階段

理屈は要りません。何度観てもいい。



以前書いたのはこちら
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽

2020年02月13日

小学校で歌った「秋止符」

今日夕方のローカル局で、最近では平井堅さんがカバーした「大きなのっぽの古時計」という曲の正式なタイトルが、「大きな古時計」であることを知りました。

この曲は、今の習慣は知りませんが、私が小学生当時には朝の歌、帰りの歌というのがあって、皆で歌ったものでした。生徒の誰かが提案し、その歌詞を模造紙にマジックで書いて歌うのですが、「嬉しいことも悲しいことも」というところを、「喜しいことも悲しいことも」と書いてしまい、皆でその通り「よろこしいことも」と毎日歌った思い出があります。

確か月替わりだったと思いますが、その中でアリスの「秋止符」がありました。しかし今思えば、その歌詞の意味が小学生には訳がわからなかっただろうと思います。「左ききのあなたの手紙 右手でなぞって真似てみる」「心も体も開き合い それから始まるものがある」など。



私は当時からアリスの大ファンでしたけど、提案したのは私だったかどうか定かではありません。だいたい本来の「終止符」という言葉も、多分私を含め小学生は知らなかったでしょう。ちなみにこれとは関係なく、当時ギターを弾ける友達がいて、アリスの「チャンピオン」を教室で皆の前で歌ったこともありました。



その友達は英語もできて、サビのところの「You're king of kings」は「ユーキーキー」でいいからと言っていました。ちなみにとんねるずの木梨憲武さんは同じような当時、「よう来たな」と解釈した友達がいたと以前話していました。それにしても、このビデオの谷村新司さんのギターの持ち方はジョン・レノンですね。

その谷村新司さん、自分の中で特に気に入っている曲が3つあると話していました、一つはこの「チャンピオン」、もう一つは「昴」。さてもう一つは何だと思いますか?



それは山口百恵さんに提供した「いい日旅立ち」だそうです。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽