2014年09月13日

今どきのカプセルホテル

カプセルホテルというのは今までほとんど泊まったことがなく、またあまり良いイメージも持っていませんでした。今回東京で連日の仕事があり、高速バスで帰るより泊まった方が安く済むということがわかり、試しに今どきのカプセルホテルというのはどういうものかという興味もあって利用してみました。

昔はどうだったか知りませんが、カプセルは意外と大きく、テレビがあり、コンセントで携帯の充電などもできます。そして何と大浴場などというものまであり、利用はしませんでしたがレストランも併設されているということです。外国人の旅行者が多いとも聞いていましたが、意外と日本のビジネスマンの姿が目立ちました。女性専用フロアもあるのです。

ただ、施設自体はまあ良いのですが、東京の街に宿泊すること自体がストレスとなることもわかりました。まず夜12時近くのチェックインだというのに街にいる人が多すぎる。何だか気持ち悪いくらいです。場所柄客引きの声がけも多く、歩いているだけで不快です。チェックアウトしても街の雰囲気がしっくりせず、何とも浮いている自分の存在に気付きます。カプセル始め、狭い建物の中にぎゅうぎゅうに詰め込まれているといったイメージも違和感がありますね。

ということで、今後は連日の東京でもやはり毎日帰ってこようと考えています。寝るだけでもこの自然環境、わが家が一番いいですね。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: