2015年03月16日

恐るべしはんぺんの威力

現在鶏の発酵飼料を仕込み中なのですが、思うように発酵していませんでした。家の周りではんぺんを探したのですが、意外とどこもカサカサで腐葉土化しておらず、日当たりが良すぎるのもこういう時ばかりは裏目に出ます。そこで今回、ボカシ肥料を作っているご近所さんからはんぺんをいただきました。はんぺんと言ったって、魚のすり身ではありませんよ。

R0014304.JPG

これがはんぺん。写真でわかるでしょうか、白くなっていて折り重なった葉が平たいところからそう呼ばれているようです。葉を土に変える微生物で、放線菌というものの働きです。これが発酵のスターターとして大変良い役割を果たしてくれるのです。

R0014305.JPG

早速混ぜてみたらその翌日、見事に発酵し始めました。中はホカホカ、かき回すと湯気が出てきます。これにくず米やくずイモ、野菜の皮、牡蠣殻を混ぜ込み、さらに発酵させます。ベースは米糠で、糠床と同じように毎日かき混ぜます。いわゆる好気性の菌による発酵だからです。

暑さ寒さも彼岸までということで本来は来週にでもヒヨコを取りに行く予定でしたが、予想外の寒気の襲来でまた冬に逆戻りだそうです。なので、再来週としました。それにしても恐るべし、はんぺんの威力。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 養鶏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: