2015年03月30日

いよいよヒヨコの入場!

買いに行ってきました、ヒヨコ。それも岐阜まで。地元の農協で中雛と呼ばれる3ヶ月ほど飼育したものを手に入れることはできますが、いろいろと理由があってあえてヒヨコからの飼育にチャレンジすることにしました。往復の交通費を考えれば当然こちらの方が高くなりますが、お金には換えられない価値があるのです。

R0014392.JPG

そしていよいよそのヒヨコたちの入場!もともと飼育の過程でうまく育たないこともあるようなので、多めに10羽を注文したのですが、受け取りに行くと「2羽多く入れておきました」とのこと。100羽単位の養鶏家が注文するとこのようなことがあるとは本に書いてありましたが、10羽に2羽は大サービスです。

途中帰りの車の中ではか細くピィピィと鳴いていましたが、育雛箱をしっかりと保温して(ヒヨコ電球とホットカーペットとファンヒーターのトリプル)、エサと水をたっぷりやると、翌日朝にはこのように元気に走り回っていました。寒そうな様子はなさそうで、恐らく車の中では少し寒かったのではないかと思います。

さあ、始まりました鶏生活。日に日に大きくなっていくと思うので、これから毎日様子を見るのが大変楽しみです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 養鶏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: