2015年06月29日

久しぶりのオールナラの薪

R0014904.JPG

今年はいただいた木がないので、久しぶりにすべてナラの木の薪となりました。2回目の原木を切り終えて、ラックに満載です。

R0014905.JPG

3つ目のラックは古いものを上に。見た目はもちろん、重さがまったく違います。いかに切りたての薪が多くの水分を含んでいるかがわかります。

R0014857.JPG

何と、この2回目の原木はバイクで下の畑から帰ってきたらこのように積んであったのです。本来は事前に連絡をもらってからということだったのですが、いない間に薪屋さんが置いていったものです。駐車場の車の前にどうやって積んだのだろうと。一本一本手で運んだに違いありません。

R0014895.JPG

薪にするにはクヌギやナラがよいとよく言われますが、納得です。火持ちが良いので一回に使う量が少なく済みます。また、暖かさも違う気がします。薪屋さんによると、熱燗の味も違うという人がいるそうです。確かに煮込み料理もおいしく仕上がります。いただく木はタダですが、コストはかかってもナラにはそれなりの意義があります。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 薪ストーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: