2008年05月07日

BGMは蛙の声

周りは畑や田んぼが多く、毎朝のウォーキングの際にもだんだん水が入ってくる田んぼが多くなるのが見えるようになってきました。引っ越してきてから初めての春、毎日近所の方たちは農作業に忙しいようで、その活気を感じるだけでも楽しいものです。

サラリーマン時代は寮生活で、伊豆の各地の寮で暮らしましたが、なぜかどこもそばに田んぼがあり、初夏になると毎晩蛙の合唱を聞かされたものでした。それがここに来てもこの時期、BGMとして鳴り響いています。

もっとも、ログハウスにペアガラスですから締め切ってしまえばそれほどうるさくはないのですが、ここ数日の気温の高さだと室内の温度もそれなりに上がり、換気のために窓を開けていると15年くらい前に戻ったような感覚になります。

いずれにしても季節を感じながら生活できるのは大変楽しいことで、毎日が自然とのふれあいのこの生活に100%満足しています。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(2) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
こちらも今、かえるの合唱ですよ。
かるがも親子も田んぼに泳いでおり、
かわいいです。カブトエビが清水町は
生息していて全国の学者が見に来るほどだそうです。私も去年田んぼで見つけましたよ。
Posted by BETTA at 2008年05月18日 18:19
BETTAさん、コメントありがとうございます。カブトエビって天然記念物のカブトガニのことですかっ。沼津にはよく帰るので、今度機会があれば場所を教えて下さい。小学校のとき、夏休みの自由課題でカブトガニのことを書いたことがあります。
Posted by bourbon_ueda at 2008年05月18日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: