2015年07月13日

なぜかいつも3対9

日によって違いはありますが、一番高い位置の二本の止まり木に分散して寝るようになりました。ですがたまにまた一本の止まり木に窮屈そうに12羽留まっていることもあり、何だか訳がわかりません。

R0014978.JPG

その分散している様子ですが、なぜだかいつも向こうに3羽、手前に9羽となっています。ここのところ連日このような様子で、同じ個体同士が分かれているのかはわかりませんが、想像するに多分相性というものがあってそうだろうと思っています。

何しろ12羽もいるので特徴のある何羽かは識別できますが、あとはよくわかりません。牛や羊のようにタグを付けていればいいのでしょうがそうもいきません。テラス下から毎日鶏舎に帰ってきたのを確認するために、いつも夕方に点呼を取っています。

まだまだ身体は大きくなると思うので、多分これからはもっと分散し、最終的には6対6になるのではないかと期待しています。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 養鶏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: