2015年09月09日

ロッド・スチュワートな鶏たち

この長雨で参っているのは人間だけではありません。私たちは完全屋根と壁がある家で過ごせますが、鶏たちは屋根はあるものの壁は半分、上半分は金網ですので当然雨風が入ってきます。通常の雨の日ならば問題ないのですが、こう長く続くと屋根があっても鶏舎の地面はぬかるんできます。

KIMG0076.JPG

もっと早く気付いてあげればよかったと思う、このビニールシートです。思えば3月末のまだ寒い時期に生まれたばかりのヒヨコをもらってきた際は、このように鶏舎を保温したものでした。この日の早いうちにこうして覆い、その後これまでで最強の降雨に見舞われたのでいくぶんは効果があったのかと思います。

KIMG0079.JPG

雨でずぶ濡れになっても食欲は落ちません。地面に這いつくばって食べるので、口の周りや頭、首などは泥だらけです。その姿に、気付けばまるでロッド・スチュワートのような髪型になっており、思わず爆笑してしまいました。ロッド・スチュワートはそのファッションから、ワースト・ドレッサーという不名誉な表彰をされていた記憶があります。確かその当時はピンクとかストライプだったような。

ロッド・スチュワートについては最近の音楽番組でもその功績を振り返るものをがいくつか放映されており、楽しく観ていました。やはりアメリカン・スタンダードは似合わないと思いますよ。昔のロッドが私は好きですね。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 養鶏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: