2015年09月28日

スーパームーンでお仕置きよっ

よく知りませんが、今宵はスーパームーンという月だそうです。朝のテレビでは鶏がよく卵を産むということらしいですが、わが家の鶏たちはまだその適齢期になっていません。本によると7ヶ月ということなので、11月に入ってからでしょうかね。ちなみに先日はいつ産んでもいいように、遂に産卵箱を開放しました。そこで寝る癖をつけてはいけないということで、今まで板で閉じていたのです。早くも好奇心のある鶏がここは何だろうとのぞき込んでいます。今後のために一応覚えておこうといった感じでしょうか。

KIMG0164.JPG

そのスーパームーンがこれ、正直いつもの満月と変わりないような気がします。そしてすぐ連想したのが昔のアニメ、セーラームーンです。私はほとんど見ていなかったのですが、学生時代にはこれが大好きな奴がいて、子供の頃異常に興奮したと話していました(実際はもっと露骨な表現でしたが)。決めゼリフの「月に代わってお仕置きよっ」だけは覚えています。その意味はいまだにわかりません。

さて、月と言えば思い出す曲がいくつか。まずは地元のミュージックバーでもこの度つぶやいていたオジー・オズボーンの「Bark At The Moon」。イントロとエンディングのギターソロが秀逸です。

次にスティクスのヴォーカルだったデニス・デ・ヤングの「Desert Moon」。時々車の中でかけてはカラオケしていますが、この高音にはとてもついて行けません。

そしてお馴染みデュラン・デュランの「New Moon On Monday」。もともとデュラン・デュランの歌詞は難解なものが多く、この曲でも初めに「lizard mixture」という部分があり、当時レンタルレコード店で借りた歌詞カードには「トカゲの混合物」と書いてあったのをよく覚えています。何のこっちゃ。

スーパームーンはよくわかりませんが、これに端を発しいろいろ思い出されたことは今宵楽しかったです。





posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: