2015年11月25日

寒い日ほど布団は薄い

異常に暖かい秋が続きましたがいよいよ冬の到来のようです。この日は冷たい雨、この後も朝は氷点下近くの日が続くようです。いつもの炭火焼きと思いましたが、さすがに身体がまだ慣れていないこの時期、この日は断念しました。そう言えば函館にいる旧友が、北海道は11月が一番寒く感じるとよく話していました。元気かね、K村君。

KIMG0374.JPG

なので予想通りこの日は薪ストーブを焚きました。今シーズン初めてなのですが、多分これまでで一番遅い初点火かと思います。いつものことながら、やはり暖かさが違います。これだけ寒いと、ましてや下の畑にバイクで往復していて身体が芯から冷えていると、当然お風呂は湯船に浸かるということになると思いますが、この日はもう薪ストーブの効果を知っているのでシャワーだけ。その後部屋でぬくぬくと暖まれる訳ですから。

すると当然、寝る際の布団はこれまでよりも薄くなります。例年そうなのですが、薪ストーブを焚き始める前が一番布団が分厚い。その後は部屋が暖かいので、薄い布団でもOKなのです。贅沢な話ですが、焚きすぎると夜中布団を剥いでいるくらい。

今年もいよいよ始まりました、薪ストーブシーズン。この日も下の畑で大きな柿の木を切った枝を発見したりと、この後その燃料作りに忙しい日々となります。これに限らず、いろいろな作業が多くて何しろ毎日忙しい。スローライフと言いますが、とてものんびりしている生活ではありません。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 薪ストーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: