2015年12月15日

ソロで1億枚以上は3人

先日録ったBSの音楽番組を観ていると、ソロで1億枚以上のレコードを売ったアーティストは3人しかいないそうです。グループだと例えばビートルズとかレッド・ツェッペリンだとかが思い浮かびますが、ソロだとやはりマイケル・ジャクソン、そしてポール・マッカートニー、さてあともう一人は果たして誰でしょう。

世界三大何とかとか、日本三大何とかというのがよくありますが、そのうち二つは出てくるけれどもう一つがなかなか出てこないというのがよくあります。例えば世界三大料理とは、フランス料理、中国料理、あと一つは?また、日本三大急流とは、富士川、最上川、あと一つは?あるいは日本三大温泉とは、有馬、草津、あと一つは?

もったいぶりましたが、もう一人のアーティストとはフィル・コリンズだということです。確かにジェネシスから独立して最近のディズニー映画まで息が長いですよね。そのフィル・コリンズの特集番組を観たのですが、面白いエピソードがありましたよ。

例えば妻を塗装工に寝取られたことを歌にし、ステージではペンキとハケを周りに配したとか。また、あるレストランでジャケットを着用していなくて入店を断られ、その後「No Jacket Required」というアルバムでその店の批判をしたところ、店からジャケットが送られてきて「もうどのような服装でも結構です」と言われたとか。

ところで、上記の三大何とかのもう一つはそれぞれ、トルコ料理、球磨川、下呂温泉です。いずれも相対的にマイナーですよね。そもそも、誰がそう決めたのかって。最初に言ったもの勝ちといったところは多分にありますね。

フィル・コリンズの曲で、プログレバンドだったジェネシスでは考えられないというのが「Sussudio」ということです。特にブラスを使うところでしょうね。普通のロックでも考えられません。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: