2016年06月07日

3週で3度の伊那通い

長野県と接している当市では、越境買い出しなどは日常です。その中でイメージとしては遠いが実は近いのが伊那市です。ルートは高速を使わないでも高遠経由か岡谷経由、いずれも片道2時間ほど、今はガソリンが安くなっているので交通費もさほどかかりません。

この度いろいろと訳あって、伊那通いが続いています。5月17日には遅まきながらジャガイモの種イモの買い出し、5月25日にはその際に出始めていたもののまだ全品種が揃っていなかったサツマイモの苗の買い出し(その時にはサトイモやヤマイモも買ってきました)。そしてこの日はスーパー「ツルヤ」への買い出し。いつもツルヤへは佐久に行っているので何も伊那にまで行かなくてもいいのですが、いろいろと他に偵察もあり。

ということで、3週間で3度も伊那に行くことになりました。途中の道のりはほとんど信号がないので実に快適です。景色も良く、この時期は新緑がまぶしい、秋は紅葉できれいでしょう。時間があれば「かんてんぱぱ」のブランドで有名な伊那食品工業の本社も、直売所やギャラリーがあって楽しめます。思えばかんてんぱぱというネーミングは、三波伸介さんの「満点パパ」から来たのではないかと思っています。

ところで現在これは山梨限定でしょうか、以前の大河ドラマ「武田信玄」をBSで放映しています。そこで出てくるのが高遠氏という武将、今は地名となっている名前が当時はその地を治めた武将の名前であることはよくあります。何でも諏訪の地で信玄と激突したそうです。高遠氏が諏訪に至る杖突峠というところを、今は車で走りながら感慨にふけっています。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: