2016年07月19日

エルヴィスの名曲はカバー

リアルタイムで聴いていた頃の曲が実は昔の曲のカバーだったということはよくありますが、まさかロックの元祖とも言われるエルヴィス・プレスリーのあの曲もカバーだったとは今回初めて知りました。しかしなぜロックの元祖と言われるのかについては、そのカバーであぁなるほどなと思ったりもします。

一つは「Hound Dog」。これはビッグ・ママ・ソーントンという人のブルースが原曲だそうです。そう、ロックのルーツはブルースだからです。もともとは奴隷貿易でアメリカに連れてこられた黒人の労働歌が起源だということは、以前「音楽の学校」というテレビ番組で学びました。





そしてあの「Love Me Tender」もカバーで、原曲はもとからあったアメリカの「Aura Lee」という民謡だそうです。こういうのは作者不詳というのがよくあり、例えば「千の風になって」の原曲もアメリカ発ですが誰が作ったかはよくわからないようです。





Love Me Tenderと言えば、松本伊代さんの「ラブミーテンダー」を覚えていますか?その頃はまだ中学生でしたので、エルヴィス・プレスリーを知らなかったのですが、後になって何で?と思った記憶があります。エルヴィス・プレスリーよりもホール&オーツに熱中していた盛りでした。

それより前の小学生の頃、昼間のテレビ番組でエンディングに西田敏行さんがエルヴィス・プレスリーの真似をして歌っていたのを覚えていますが、皆さんいかがでしょうかね?私の母は当時「似てる」と言っていましたが。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: