2016年08月07日

今年は驚かなかった花火

移住直前にはあって移住直後にはなくなったすぐ近くの小学校グランドでのお祭りの花火、お祭り自体は毎年ありますが花火は昨年から復活したようです。その昨年は鶏たちが大変な状況でした。何しろとっくに寝ているところで間近の閃光と轟音、昨年はまだ4ヶ月ほどでしたのでそのほとんどは怖じ気づいたりパニック状態でした。しかし今年はもう卵を産んでいる大人の鶏、ただ一羽だけが怯えて潜んでいましたが、あとは何?といった表情で首を左右していました。

KIMG1332.JPG

この翌日、もっと大きなお祭りがありました。毎年お笑い芸人の方が来ており、今年は清水アキラさんの息子の清水良太郎さんでした。同じくものまね芸人にとして活躍しているようで、お父さんと比べるとミュージシャンの要素が強いと感じました。一昨年はザ・たっちの予定だったのですが、突然の豪雨でお祭り自体が中止。本人たちは持ちネタである「なんで、なんでなんで」と叫んでいたはずです。

KIMG1348.JPGKIMG1349.JPGKIMG1352.JPG

私たちの目当てはこの最後の花火。規模は小さいですが近くで見られていいですよ。この周辺では諏訪の花火が有名ですが、毎年ものすごく混雑するし、いつかは大雨で中断し、帰りの電車も動かないという大混乱。今回の花火もそうでしたがバイクで行けば移動もスムーズ、駐車場にも困りません。

花火でいつも思い出すのはドリカムの「あの夏の花火」です。ドリカムの歌はどれもそうですが、カラオケで歌うには難しいメロディーですよね。



posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 養鶏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: