2017年03月01日

テラス上に新たに屋根を

KIMG1893.JPG

南側のテラスには以前客席用に屋根を付けたり壁やカーテンを付けたりしましたが、今回は東側のテラスに屋根を付けました。このスペースを雨風に影響されることなく使いたかったからです。あとは積雪対策に補強したり、やはりビニールカーテンを付けたいと思っています。

KIMG1894.JPG

10年前移住した際に作った薪ラックは、このポリカ波板を留めるのに傘釘を使っていましたが、今やこうしたビスがあるのですね。この方がきれいに出来上がり、耐久性もあります。そう、この波板屋根はテラスの雨よけのみならず、延長して薪ラックの屋根にもなる設計にしていたのでした。

し、か、し、作業の途中で痛恨の設計ミスに気付きました。波板の重ねしろの寸法を完全に誤ってしまい、ほとんど重ねる部分がないのです。通常は2.5山重ねるところを、ギリギリの設計しかしていないので0.5山しかありません。波板を買い足して2.5山重ねるようにすればいいのでしょうが、今回はそうもいかない事情がありました。

この日は夜から雨予報で、沖縄に行く前に作っていた骨組みがむき出しとなっており、何としても屋根を付けないといけないのでした。なのでそのまま強行し、結果その雨では漏れはありませんでした。今後台風などで風が強い雨でどうなるかわかりませんが、その時はまた張り直しを考えます。

いずれにしても昨年から構想のあったこの屋根、実質作業は3日で済みました。それも事前に入念な設計をしていたおかげです。しかしその設計が仇となりました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: