2017年03月22日

富山海の幸三昧

鶏たちが一泊程度の旅行では大丈夫なことがわかったので、先日の沖縄横浜に続き、今回はかねてより計画していた富山に行ってきました。もちろん目的は海の幸、何しろ海なし県民ですから。

いつものように旅行しても外食しない私たち、ホテルで早い時間から宴会です。調達したのはいずれもかつて行って間違いないお店のもの、刺身類が中心です。

KIMG1945.JPG

季節はホタルイカ、一つは生。寄生虫があるので刺身では内臓を外します。

KIMG1946.JPG

もう一つはボイル、これは内臓ごといけます。

KIMG1948.JPG

写真の色は悪いですが甘エビ、正式にはホッコクアカエビといいます。これが抜群に甘くてうまい。一般に出回っている甘エビとはケタ違いです。

KIMG1950.JPG

タラの塩辛というもの、どうも部位からしてエラのようです。コリコリの食感です。

KIMG1951.JPG

これは七尾のフグ。先日たまたまテレビで観ましたが、何でも石川県は天然のフグの水揚げが日本一なのだそうです。身も、そして皮の湯引きもとてもおいしかった。

KIMG1952.JPG

自家製というシメサバ、上記のフグとともに七尾の鮮魚店のものです。しめすぎずに生に近く、かといって生臭くない、青魚好きにとっては最高の出来です。

KIMG1954.JPG

ウマズラハギはもちろん肝和えで。

KIMG1957.JPG

氷見で揚がったメジマグロも飛び入り。この土地この季節まったく想像していませんでしたが、せっかくの機会ですから。写真の赤が悪く、まるでサーモンのような色合いになってしまっています。

KIMG1958.JPG

そして能登の天然ブリ。もうこの時期は氷見ではブリは終わりのようで、スーパーでは三重産のものばかりでした。しかし七尾まで来るとまだ地元のものがあるようです。これも抜群にうまかった。ブリは脂の乗ったところというイメージがあるかと思いますが、むしろ赤身の方が味があっておいしいです。肉も同じで、これが本来のうまさなのでしょう。

食材の詳細についてはまた食ブログの方でご紹介したいと思います。今回は行きはほとんど下道で5時間の道のり、帰りは日本海岸線を通り白馬から松本経由で。いずれも快適なドライブで楽しめました。また季節を変えて行くこと必至です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: