2017年12月12日

そして誰も産まなくなった

以前ピヨたちのいじめ問題のことを書きましたが、その後いじめっ子の方の産卵が極端に落ちてきました。関係があるのかわかりませんが、通常産卵率が落ちるのは冬場と本に書いてあるところ、夏場から明らかに落ちてきました。もう数日すると2ヶ月も産んでいないことになります。

その一方で隔離したいじめられっ子は順調に産んでいました。ほぼ2日に1個のペース。ところがここに来て、そのいじめられっ子も産まなくなりました。もうすぐ2週間になります。これは非常事態、もともと自家養鶏の卵を使った料理を店の売りにしていたのに、これではどうにもなりません。

KIMG2577-001.JPG

かつていっぱいだったこの卵保管箱もこの通り、赤いのがいじめられっ子の卵、白いのは足りないので買った卵です。これでは辛うじて作っていたプリンも店で提供できません。何が原因かわかりません。餌が極端に減ったわけでもないし。

近頃ピヨたちに向かって言っているのですが、「お前ら通常の養鶏場だとたちまちクビだぞ、お肉にされちゃうんだぞ」。それでも毎日野菜の残さを食べてくれるので、助かっていることに変わりはないのですが。ただ、餌づくりに手間がかかるのも変わりはないのです。いっそ市販の配合飼料にしようかと一瞬頭をよぎってしまいます。

ちなみにアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」では、原作と映画では結末が違うのですよね。興味がある方にがっかりさせていけないので、どこがどう違うのかはあえて記しません。原作の後に映画を観た方がよいかと思います。昔、角川映画でありましたね、「読んでから観るか、観てから読むか」。
posted by bourbon_ueda at 19:41 | Comment(0) | 養鶏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: