2018年01月02日

第二弾は尾白川渓谷

正月運動企画第二弾は、白州の尾白川渓谷です。

KIMG2604.JPG

この千ヶ淵までは行けますが、その先には昨年11月から通行止めになっていました。その前に台風や滑落事故の影響で通行止めになっている区間があるとは知っていましたが、さらにです。

KIMG2605.JPG

移住直後には一通り歩きましたが、今やその一部のみ。確かに事故が起こるくらい険しい登山道でした。10年前なら歩けましたが、今はたとえ開通したとしても歩く勇気はないでしょう。それほど危ない登山道です。

KIMG2607.JPG

相変わらず水はとてもきれい。サントリーが水の工場を建てるのもわかります。真夏はこの中に水着で入りたいくらい、スイカもよく冷えるでしょう。

KIMG2609.JPG

その下流にはべるがの総合リゾート施設があります。この人工の滝の下には人気の滑り台があります。真夏でも水はとても冷たいので、ここから濃厚な温泉へというルートは実にわかりやすいです。

さすがにこの季節ではほとんど会う人もいませんでしたが、だからこそのんびりと過ごせました。熊には遭いませんでしたが猿には何度も遭いました。シーズンにはカブトムシもイワナもいる施設もあります。

ここの温泉は県内では有名な専門家が太鼓判を押している泉質、三大温泉の一つである有馬の湯よりも良いと明言しています。有馬の湯にも行ったことがありますが、確かにそう思います。しかも市民なら入浴料は半額、オンシーズンの入園料は無料、これも田舎の豊かさです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: