2018年08月23日

空気を運んで物流費高騰とは

この度ネットで沖縄のシークワーサー果汁を注文しました。もともと地元で購入していたものが店頭では品切れで、しかたなくその店のサイトでオーダーしたものです(店にはないのにネットでは在庫があるというのも不思議ですが)。それがこの日届きました。

IMG_20180823_175921-001.jpg

開けてビックリ、ずいぶんと大きな箱だなとは思ったのですが、中はほとんど空気です。赤丸で囲ったのがその商品6本、これらにはきちんとエアキャップが巻かれています。であればもっと小さな箱でもよかったのでは。以前新聞で読んだネット通販の不満ランキングで、「大げさな梱包」というのが上位に入っていたのを覚えています。

巷では物流費が高騰しているため、製品や配送サービスの値上げが相次いでいますが、こうしたものを見ると空気を運んで物流費高騰はないだろうと思ってしまいます。もちろんその主因が人件費の上昇にあるのはわかりますが、それでも積載効率をもっと考えてもらわないとといった感じがします。

ちなみに、今は見る影もありませんが、元物流屋です。25年くらい前はトラック運転していました。今でも2トンロングまでは大丈夫です。
posted by bourbon_ueda at 18:49 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: