2018年12月11日

またデンマークの女性デュオ

日本における洋楽とは、アメリカとイギリスが圧倒的に多いかと思います。共通するのは英語です。しかしヨーロッパの他の国でも、英語を使って世界進出するアーティストがたくさんいます。例外的にはネーナやファルコで、彼らは母国語でヒット曲を出しました。





山梨のローカル局は2つあるのですが、夕方の情報番組は時間帯がうまく連携されていて、毎日その両方を続けて見ています。以前その両方で80年代の洋楽がいつもかかっていると書きましたが、最近気付いたのはこれに加え、聴いたことのある曲が毎日かかっているのです。



調べてみるとMe&Myというデュオの「Dub-I-Dub」という曲だそうです。それで驚いたのがこれがまたデンマークのデュオだということです。デンマークの女性デュオについては以前書きました。デンマーク、洋楽ではあまり馴染みがないですが、こうしてじわっと進出しているのですね。

ちなみに北欧ではヘビーメタルバンドも盛んです。北欧には分類されないようですが、ドイツも有名。スコーピオンズやハロウィン。いずれも長くなるのでこの辺でやめます。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: