2018年12月31日

クイーンとシナトラで発見

クイーンネタ3連発です。映画のヒットのおかげであちこちで特集番組を放映しています。この日録っておいたのを観たら、その一つに「We Are The Champions」がありました。改めて聴いてみると、あれっ、どっかで聴いたことのある歌詞が。



わりと初めの方、「And bad mistakes, I've made a few」というところです。これでフランク・シナトラの「My Way」の「Regrets, I've had a few」という箇所を思い出しました。こういうのって無意識にやってしまうのと、わかっていてわざと少し変えるといったパターンがあると思います。この場合私は多分後者であろうと想像しています。



以前にも記しましたが、この「My Way」のもととなった曲はフランスのクロード・フランソワという人の「Comme d'Habitude」です。今回映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て改めて思い出したのは、この「Comme d'Habitude」がテーマとなった「最後のマイ・ウェイ」という映画のワンシーンです。どちらの映画もミュージシャンを志していた息子に父親が猛反対し、成功した最後には認めるといったところです。

この年末はクイーン一色となりました。年明け早々長距離ドライブに出かける予定ですが、車の中はクイーンのベスト盤で溢れ返りそうです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: