2019年01月29日

母校ラグビー部がテレビに

私の高校の後輩には、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手や、最近では同じ日本ハムの清宮幸太郎選手がいます。しかしそれは野球部の話、私はラグビー部でした。ちなみに清宮選手のお父さんは大学ラグビー部で私と同期です(学年が同じというだけで私は大学でラグビーをやっていません)。

そのラグビー部が先の全国大会で久しぶりに出場したとのこと。テレビ中継は準決勝くらいからしか放映しませんから、新聞で一回戦は突破、二回戦で敗退を知りました。予選の東京大会でも準優勝が2回続いたそうで、私がいた頃はそこまで強くありませんでした。

今年のワールドカップ開催に向けて、以前から毎週月曜日にラグビーのテレビ番組をやっていたのは知っていたのですが、何とこの度その母校のラグビー部が特集されていました。そこで、初出場から今までの足跡を辿った中に、私が一年生だった頃の三年生の集合写真があり、思わず声を上げてしまいました。

また、当時のコーチが今でも指導しているようで、これも懐かしく、しかも当たり前ですがずいぶんお歳を召されたなという思いで観ていました。それにしても当時と比べて練習環境の充実ぶりは目を見張るばかり、今は練習でも芝生のグラウンドなのですね。

今でも大学ラグビーをはじめ、先のワールドカップで盛り上がったために人気となっている社会人ラグビーの試合もよく観るようにしています。私たちの時代は大学ラグビーの人気が絶頂期で、早明戦の前日は国立競技場の周りで徹夜をしてチケットを取ったというのは良い思い出です。

ちなみに現在田舎暮らしをしている場所からラグビー合宿のメッカ菅平はわりと近く、これまで何度か足を運んでいます。高校時代に練習試合をしに行きましたし、懐かしくも決して楽しくはない思い出の地です。

何といっても今年はラグビーイヤー、注目して継続していろいろ見ていきたいと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: