2019年03月21日

マッケンジー法で腰痛知らず

移住してから野菜づくりを始めた最初の年、ひどいぎっくり腰をやりました。2ヶ月は車も運転できず、風呂もトイレもかなり難儀しました。それ以来、これほどのひどさではないにしろ、年に1,2回は軽いぎっくり腰をやるのが常でした。

そこでちょうど一年前、かねてより聞いていた整体の先生のところへ行ってきました。ぎっくり腰の原因が間違いなく畑作業にあるので、春の畑が始まる前に予防的に行っておこうと思った次第です。その前の年の7月に、やっと歩けるくらいのぎっくり腰をやった際に電話したところ、「治してから来て下さい。うちは医者ではありません。」と言われていたからでした。

そこで教えられたのがマッケンジー法という日常の予防法です。うつぶせになって腹の辺りに手の平を床につけ、腕の力だけで上体を反らして腰を伸ばす方法です。何とも簡単なことで、これを毎日寝る前に10回やって下さいとのことでした。

もちろん忘れる日もありましたが、ほぼ毎日これを続けたところ、この一年間軽いものも含めてぎっくり腰は一度もありませんでした。整体は初めてでしたが、行ってみるものだなぁと思いました。ちなみにこのマッケンジー法という名称を一度聞いただけではっきり覚えられたのは、水谷豊さんの最初の奥さんの名前を思い出したからでした。

ただ、ネットで調べてみるとこの方法で却って悪くなったという情報もありますから、くれぐれも自己流でやらずに、専門家の指導を受けてからやった方がいいと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: