2019年10月19日

明日の南ア戦に向けて

ここのところのラグビーの盛り上がりがなくとも、通常新聞記事の見出しなどで「南ア」とあれば南アフリカのことを指しますよね。ところが地元の山梨日日新聞(通称さんにち)では、「南アルプス市」を指すことがほとんどです(逆に南アフリカのことは略さないと思います)。

この夏の猛烈な忙しさから、毎日の新聞(そのさんにち)が読めないで溜まりに溜まっていました。ここのところ先週末の台風、今週末も雨続きなので店も暇で、徐々に読み進めています。ちょうど今9月上旬のところを読んでいて、ワールドカップ前の南アフリカとのテストマッチがあったところでした。

前回大会で奇跡的な勝利を収めた後、さすがに相手も今度は本気で来るだろうと(前回の試合の前半戦は明らかに相手は余裕でなめてかかっていたことが見えました)、結果大敗してしまいました。ところがその時の新聞記事で田村選手のコメントは、「ほんのちょっとの差、結果こうなっただけ」ということでした。

実際今回大会での日本代表の快進撃、その意味がだんだんわかってきました。そういう意味で、明日の南ア戦は期待できると思います。多分日本中でたくさんいるだろうと思われる、にわかラグ女がわが家にも約一名います。

ちなみに私は高校時代ラグビーをやっていました。これも多分日本中でたくさんいると思われる、これまで胸を張って言えることがなかった「実は僕、ラグビーやっていたんですよ」という男子。ルール解説などで周りに聞かれることが多い存在となっていることが想像されます。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: