2019年10月21日

戦術が読まれていたのでは

ラグビーワールドカップ、日本代表お疲れ様でした。個人的には善戦するのではと思いましたが、思わぬ完敗。その理由は即座に感じました。

もともと相手がフォワード勝負で来るのがリザーブ要員でもわかっていたので、日本は直接のコンタクトを避ける戦術を選択したのではないかと思います。それが開始早々の外へのキックパス、またバックス深く回す複雑なサインプレー。

しかし南アフリカはそれを読んでいたのではないかと思われます。それらのトリッキーな戦術への対応があまりにも早いなと何度も感じたからです。翌日の新聞でも堀江選手がそのようなコメントをしていました。今にして思えば、そう読むことを予想してあえてフォワード勝負でもよかったのではないかと。

勝負を決めたと思われる象徴的なシーンがモールで押し込まれたトライです。もともとフォワード勝負を避けたかった心理がああいう場面で出たのかなと。ハーフタイムでも解説の五郎丸さんが、「後半のポイントはモールディフェンスです」と予言していましたしね。

それにしても今回の日本代表、素晴らしい。楽しい思いをさせてもらいました。スポーツ評論家の二宮清純さんが少し前に「ラグビー力」という表現をしていましたが、ノーサイドの精神、審判に対する敬意、選手や観客のおとなしさ、紳士たるスポーツと言われるものに少しでも携われたことは本当に良かったと思います。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: