2020年04月03日

KISSで思い出した2曲

ジーン・シモンズが引退するそうですね。もう70歳だそうで、これでKISSも実質的に活動停止ということになるのでしょうかね。

今回はそのKISSではありません。プリンスの「Kiss」です。



この人はほんと、天才だなと思う一曲です。普通曲というのは抑揚があって、最初はおとなしく、徐々に盛り上がってサビというパターンがほとんどだと思うのですが、この曲はサビらしいものがありません。それでもいい曲、ヒットしました。

同じような曲が「When Doves Cry」です。これは短調で終始暗い感じで、サビと思われる部分も盛り上がりません。それでも聴き入ってしまい、実際に当時ヒットしたということで、やはり天才だと思います。



そしてプリンスの「Kiss」では、もう一つ聴いた覚えのあるものがトム・ジョーンズです。確かこの曲歌っていたよなと思っていたのですが、世代的にはプリンスよりトム・ジョーンズの方が上のはず。果たしてと思って調べたら、何とトム・ジョーンズがプリンスの曲をカバーしたとのことです。



しかもアレンジしたのがアート・オブ・ノイズということ。アート・オブ・ノイズといえば「Peter Gunn」で、ちょうど先日銀婚式だった私たちの結婚披露宴でも流した曲でした。それが何と、やはりカバーだったということらしいです。



オリジナルはこっちらしいです。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: