2020年10月07日

エディで思い出す曲

エディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなりましたね。以前からガンを患って復活したなどというのを観ていましたが、そのあまりもの変貌ぶりに驚いたことがありました。

エディのギターは印象に残るものたくさんありますが、一つはマイケル・ジャクソンの「Beat It」でしょうか。ギターソロが注目されますが、出だしから全般に渡ってのギターリフも秀逸です。



もう一つはインストロメンタル、「Eruption」です。



「Hot For Teacher」も思い出されます。



アレックス・ヴァン・ヘイレンとの兄弟で始めたバンドということで、もう一つ思い出されるのがAC/DCです。数年前、新聞でAC/DCのギターリストの訃報記事を目にしました。てっきりアンガス・ヤングのことだと思ったのですが、兄のマルコム・ヤングの方でした。

ちなみにアンガス・ヤングには姉もいて、還暦過ぎても変わらないあの半ズボン姿はその姉による提案だったそうです。AC/DCも数多くの曲がありますが、アンガス・ヤングをフィーチャーした曲といえば「Who Made Who」でしょう。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: