2021年01月21日

フランキー・ヴァリという人

この度テレビで観たビリー・ジョエルの特集、紹介された曲は「Uptown Girl」でした。これは、渾身を込めて作ったアルバムがあまり売れず、オートバイ事故にも遭い、妻と離婚するなど散々だったビリー・ジョエルが、やけくそで泊まったホテルで偶然スーパーモデルと出会い、その後結婚するといったことを歌った曲だそうです。



その音作りにはドゥーワップやフランキー・ヴァリのような要素が入っているとのこと。このフランキー・ヴァリという人、リアルタイムでは知りませんがこれまで何回も名前が出てくるアーティストでした。フォー・シーズンズのヴォーカルで、多分一番有名なのはソロになってからの「Can't Take My Eyes Off You(邦題:君の瞳に恋してる)」でしょう。



このフランキー・ヴァリという名前を初めて聞いたのは、確か中学生の時に初めて買ったシングルレコード、サザンオールスターズの「いなせなロコモーション」の中でです。もちろん当時はそれが誰だかまったくわかりませんでした。

この歌詞の中にはフランキー・ヴァリのほか、コニー・フランシス、ドリス・デイ、シュープリームス、ビーチ・ボーイズといった名前が出てきます。桑田佳祐さんとはちょっと世代が違うので当時はわかりませんでしたが、今思えばそういう時代の話かと。

サザンの楽曲は著作権管理が厳格なためかほとんどネットでは見当たらないのですが、見つけました。



あと、「ザ・ベストテン」での「ミス・ブランニュー・ディ」もありました。これも貴重です。



多分私の中ではサザンの曲で一番好きで、カラオケでもよく歌いました。その歌詞の中に「Blue Jean」が出てきます。どっちが先かわかりませんが、もちろん思い出すのはデヴィッド・ボウイの「Blue Jean」。



サザンもデヴィッド・ボウイも永遠に良い。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: