2022年04月04日

ジョンで始まるミュージシャン

先日の深夜ラジオの特集は、「ジョンという名のミュージシャンたち」でした。当然、ジョン・レノンやジョン・デンバーは予想通りでしたが、あとは意外でした。

何でレッド・ツェッペリン?あぁ、ドラムのジョン・ボーナムか。何でセックス・ピストルズ?あぁ、ボーカルのジョン・ライドンか。

私としては、ジョン・ボン・ジョヴィは来るかと思っていました。あと、ジョン・メレンキャンプも。ちなみにジョン・メレンキャンプは後の名前で、その前はジョン・クーガー・メレンキャンプ。本名にクーガーを付けろとプロデューサーに言われたらしいのですが、本人は嫌だったと聞いたことがあります。



一応予想通り入っていましたが、曲が違ったのはジョン・フォガティ。この人の曲と言えば「The Old Man Down the Road」でしょう。曲も良いのですが、何と言ってもそのPV。あのカメラワークはどうやって撮ったのだろうと。



何かテキサスの香りがする曲ですね。テキサスと言えばZZトップ。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: