2022年07月24日

80年代に軟弱化したグループ2

第2回はシカゴです。私が一番印象に残っているのは「Hard To Say I'm Sorry」ですが、やはりスローバラードなので今ひとつ好きになれませんでした。



ほかにも同じ路線で「You're the Inspiration」



ピーター・セテラがソロになっても「Glory Of Love」



ところが遡ってみると、あるじゃないかとんがった曲が。「25 Or 6 To 4」がなかなか覚えられなくて、邦題の「長い夜」(松山千春さんではありません)。



このヴォーカル、同じピーター・セテラですよ。曲とともに見た目も全然違う。特に髪型。

ウィキペディアによると、シカゴはロックバンドと書かれています。しかし80年代は明らかに違和感があります。これもヒット曲のために路線を変えた軟弱化の一例かと。

さて次は最終回、真打ちの登場です。さて、どのグループでしょうか。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: