2022年07月25日

80年代に軟弱化したグループ3

かつてはハードな曲を歌っていたのに、80年代に入り商業志向なのかガラッと路線を変え、曲調も歌詞も軟弱なものになっていったグループを3回にわたって取り上げています。トリはフォリナーです。

当時ベストヒットUSAを観ていて、あぁまたこの曲がビルボードチャート1位かと何週もがっかりしたのが、「Waiting For A Girl Like You」です。映像も暗いが曲調も暗い、おまけに歌詞が軟弱。



「君のような女の子を待っていた」。学生当時、サークルの女の子に「どんな人がタイプ?」と訊くと、「好きになった人がタイプ」といった、禅問答のようなことがありましたが、待っていた女の子というタイプがあるのでしょうか。

いや、もともとこういうグループならば文句はないですよ。しかしフォリナーはその前に、ハードロックで素晴らしい曲をいくつも出しているのです。今回この3回の連載を思い付いたきっかけになった曲が、車の中で聴いた「Urgent」です。



このほかにも 「Feels Like The First Time」、「Cold As Ice」、「Hot Blooded」など、ハードで硬派な曲がいくつもあります。

そして2匹目のドジョウを狙ったのが「I Want To Know What Love Is」で、これも大成功しました。もちろん私は好きではないです。



実はこの軟弱2曲の間に、「Juke Box Hero」があります。元の路線に戻った感じで、私はフォリナーの中で一番好きな曲なのですが、あまりヒットしなかったためか邦題「アイ・ウォナ・ノウ」になったと思っています。



詳しくは別の機会に書こうと思いますが、ハードロックやヘヴィーメタルのバンドがラブソングを歌ってほしくないわけです。いかつい格好をしてダミ声で、「I can't live without you」はやめてくれということです。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: