2023年01月01日

紅白のオヤジバンドで連想

最近の紅白歌合戦は生オケがなくてカラオケになっているので、まず観ることはないです。ですが今回は同級生によるオヤジバンドだけは観たいと思っていたところ、今は便利、ネットでそのオリジナルを観ることができました。



ところがこれで連想されてしまったのが、なぜだかサーカスの「アメリカン・フィーリング」。サビの部分が似ているのか似ていないのか、よくわかりませんがなぜか頭に浮かんでしかたがありませんでした。



当初何かの曲に似ているがなかなか思い出せなくて鼻歌で発していた時、音楽には疎いはずの妻がこれじゃないのと言ったのが松田聖子さんの「風は秋色」のフレーズ。確かに聴いてみればこっちの方が似てるかも。

posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: