2008年11月14日

南アルプス一周

朝5時に八ヶ岳の麓を出発し、諏訪から国道152号線で高遠を抜けて静岡県の森町に到着し、掛川、藤枝、静清の各バイパスを通り、52号線を北上して帰るという、全部で11時間の行程で南アルプスを一周してきました。

もちろん一周することが目的ではなかったのですが、森町に目的地があったことや、国道マニアの中で聖地化しているとも言える152号線を一度通ってみたかったこと、来年の桜の時期には訪れようと思っている高遠の下見など、いくつかの意味がありました。残念ながら桜えびの漁はこの日はなかったようで、清水のお馴染みのお店には寄らずに帰りました。

国道152号線になぜそんなに興味あるのかというと、国道には珍しく途中2ヶ所で途切れているのですよね。わざわざその終点まで訪れて写真を撮ってくるライダーなどの話を見聞きします。ところがこの日は地蔵峠と上村をつなぐ林道が土砂崩れのため通行止めで、いつ開通するかわからない三遠南信自動車道の一部を使うなどかなりの遠回りをして国道をつなぎました。

ooshikamura.jpg

これはその手前、大鹿村役場での写真です。大鹿といえば学生の頃夢中になって読んだレイモンド・チャンドラーの「さらば愛しき女よ」の大鹿マロイが頭から離れないのは、多分2人しかいない車の中でも私だけでしょう。兵越峠の方は通ることができ、雲海の上に頭を出した紅葉の山がとてもきれいでした。迂回した小渋湖の紅葉も見事、先を急ぐ都合があり、写真に収める余裕がありませんでした。

しかし遠江に出るには時間的には52号線経由が絶対におすすめです。152号線で下るに6時間半、1号線から52号線で上るには4時間半で済みました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: