2010年01月19日

今度は熊本城

P1190059.JPG

姫路城に行ったら今度は熊本城に行きたくなりました。歴史好きとしては一応いざとなれば加藤清正が豊臣秀頼をかくまうつもりで作ったくらいのことは知っていたので、興味津々でした。これは名物ともなっている2層の石垣です。手前が加藤家時代のもの、奥が細川家時代のものということです。

しかし天守閣の構えは昔の姿をしのばせるものの、中は完全に博物館になっています。数多くの櫓とともにそのほとんどが消失してしまい、現在でもまだ再建作業が行われていました。でも博物館はそれはそれとして面白かったです。

築城当時は結局実戦に使われなかったこの熊本城、西南戦争でここに陣取る官軍をとうとう落とせなかった西郷隆盛の「清正公に負けたようなものだ」という言葉、なかなか重みがあります。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: