2010年02月22日

積むところがなくなってきた

P2230001.jpg

先日いただいてきた枝をこの日切り分けました。ところが小枝のラック2つはすでに満杯、薪のラックの方はまだ整理がついておらず、とりあえず応急処置的にログハウスの角の交差を利用してこのように積みました。

今年は昨年と違ってほぼ毎日焚いていますので、こうした枝が本当に重宝します。初期の温度の上昇と火力の安定が全然違うのです。焚き付けも含めて、薪よりもこちらの収集とカットの方に多くの時間と労力をかけることになっています。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 薪ストーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: