2011年01月21日

全面結氷の湖に降りる

諏訪湖はもう何年も全面結氷せず、御神渡りも貴重なものになってきたようです。この日の朝のテレビ番組では、松原湖の氷上ワカサギ釣りの様子が放映されていました。氷の厚さは25cmほど、もちろん全面結氷です。

P1210206.jpg

松原湖ではありませんが、昨年参加したダムウォーキングの際にもらった温泉招待券があったので、南相木村にある立岩湖に寄ってみました。こちらも全面結氷、やはりワカサギ釣りをしている人がいました。

ずいぶん前に諏訪湖が部分結氷した際に、ふざけて氷の上に乗った学生が湖に落ちたという事故がありましたが、今回は恐る恐るでもなく湖の上に降り立ちました。意外と頑丈な印象でしたが、川の流れ込みのところは氷が薄くなっているので気を付けるようにとのことです。

調べてみるとこの立岩湖、ワカサギだけでなくシナノユキマスも釣れるということです。シナノユキマスは以前長野県の調理師会の講習で、横浜のシェフクラブの協力を得て使用した懐かしい食材です。意外と身近にいたことに驚き、久しぶりに竿を出そうかなとも思う次第でした。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: