2011年03月15日

停電のまま東京行き

この度の地震が発生したときは家の中にいました。揺れている最中、移住してから一番大きいなと思いましたし、これまで何度もあった停電も一番長いなと思いました。そしてちょうどこの翌日から2泊3日で東京行きだったのです。

P3110201.jpg

夜は暖をとるのと同時に照明代わりにもなる薪ストーブが重宝しました。

P3110204.jpg

ロウソクもこういうときに役に立ちます。

P3110212.jpg

特に壁を照らすとログハウスは明るくなることを、改めて思い出しました。

揺れている最中はこのような感じでした。



停電は朝まで復旧せず、そのまま家を出ました。高速バスが止まる可能性があったので(実際に運休しました)、夜中の2時に車で向かい、大きな混乱もなく時間通り仕事を遂行することができました。

帰ってきてからも特に変わった様子はなく、とりあえずひと安心です。ただ今後もいろいろな問題があるようで、私たちにできることはこまめな節電くらいかもしれません。様子を見守ることにします。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: