2011年05月02日

掘り起こし不能の巨岩

P5020204.jpg

ミニログの基礎穴を本格的に掘っていたら、本体中央の束石の位置に到底掘り起こせないほどの大きな石が出てきました。赤線で囲ったのがそれで、これでもまだどこまで大きなものなのか全体像がわかりません。深さだけでも目途が付けばテコの原理で何とか掘り起こせたりもするのですが、想像するに楕円の球体に近い形ではないかと思います。

本来の束石の位置は水糸が交差しているところを中心とするのですが、高さ45cmある束石なのでこの石の上に乗せると大きく地上部が飛び出てしまいます。工務店の方に相談し、しかたなくちょうど束石1個分くらい左にずらすことにしました。強度的には問題ないということです。

しかし束石の地中部35cm、割栗と捨てコンで約15cm、合計約50cmの深さの穴を8つ掘るのはかなり腰に来ます。前の日温泉に行ったばかりですが、この日もまた行きたくなりました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | ログハウス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: