2011年06月16日

やっと屋根が完成

P6160210.jpg

やはりルーフィングと屋根材貼りは一日では終わりませんでした。これは半分貼り終わったときの写真ですが、右に見えるルーフィングを張った後のケラバの水切りが難儀しました。木工はある程度慣れているものの、金属加工はほとんど経験がありません。一応金切りばさみは買ったのですが、思うように切れずにかなりの時間を要しました。

P6160214.jpg

というわけで屋根材の貼り付けは前の日に4分の1程度、この日に残りを一気に仕上げました。これも初めての作業なので最初は細かいミスがありましたが、この日の作業はスピードもアップ、ノーミスで終えました。結構手がかかったのが頂上部の貼り付け、ここは釘を打てないので四方をアスファルトシングル用のセメントで固めないといけません。これがなかなかくっつかないので、こうして木で重しをした次第です。

本来は梅雨入りまでにこの屋根を完成させ、あとはじっくりと取り組む予定でした。梅雨入りが異常に早いのと、作業も遅れがちとなりましたが、一応ここで一段落です。この日の夜から雨予報だったのでどうしても終わらせたく、作業の後の道具の片付けをしている最中、測ったかのように雨が降り出しました。軒先から滴がしたたり落ちる様子にこんなに感動したことはありませんでした。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(2) | ログハウス
この記事へのコメント
この屋根材は何なのでしょうか。
別荘のガレージの屋根の葺き替えを自分で出来ないか思案中なので、参考にさせてもらっています。
Posted by まめた at 2011年10月06日 05:24
まめたさん、コメントありがとうございます。屋根材はアスファルトシングルというものです。おそらくDIYでは最も一般的なもので、ホームセンターではたいてい売っていると思います。専用の釘と専用のセメントを使います。
Posted by bourbon_ueda at 2011年10月06日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: