2011年07月12日

数日がかりで床が完成

P7120006.jpg

ミニログづくりもいよいよ最終工程に入ってきました。先週から暇を見ては徐々に進めていた床材貼り、ようやく完成しました。床貼りといってもただ単に床材をはめ込むだけではないのです。

P7060199.jpg

まずは断熱材入れ。これに先がけてこれを支える板を縁の下に潜り込んで貼っていくわけです。ご近所さんなどは、作業の音はするけれどどこからかしらと思ったなどと話していました。断熱材はスタイロフォームの50mmを2枚重ね、専用のカッターも調達し、切り方もやっていくうちに工夫するようになり、わりときれいに仕上がりました。

P7080005.jpg

断熱材と床板の間に隙間を作ってはいけないのですが、実は根太の高さが105mmなので5mmの隙間ができてしまいます。そこで考えたのがこのキャンピングマット。厚さ8mmですが弾力性があり、床材で押し込むとピッタリと隙間が埋まります。カットも楽でこれはナイスアイデアだと思いましたが、アルミが蒸着していて自分の体温を含め熱が反射するので、作業の最中暑いこと。これは冬の保温効果が楽しみです。

これまで数々の小さなミスが頻発していた中で、この床貼りはわりとスムーズにいきました。時間はかかりましたけれど。あとは巾木を付け、ワックスを塗り、外壁を塗装して一応本体は完成です。しかしまだまだテラスはあるし、これから厨房設備の取り付けもあります。慌ててこの日、シンク、換気扇、テラス材を発注しました。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | ログハウス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: