2011年10月17日

好きな国同士の決勝戦

高校時代にラグビーをやっていたこともあって、今回のワールドカップは欠かさず観ています。この日はニュージーランド対オーストラリアの準決勝、いつもはビデオに録って観ていたのですがさすがに今回は午前2時からの放映に合わせて早起きしました。

世界最高水準のプレイに、あっという間の80分間でした。解説の元サントリー監督の清宮さん(実は同級生)などももう一ファンと化しているようで、本当に面白い試合でした。観戦後は仮眠でもとろうと思っていたのですが、興奮冷めやらぬかわかりませんが、結局そのまま起きてしまいました。

しかし驚いたのはフランスの決勝進出です。予選では日本と同じグループであわやというところまで追い詰められたり、トンガにまさかの敗戦を喫するなど、これは決勝トーナメントに行ったらすぐに負けるなと思っていたのにです。フランス人の気まぐれさや大雑把さはよく料理の世界で耳目にしますが、これも国民性でしょうか。

いずれにしてもこれは大変楽しみな決勝戦となりました。食で大好きなフランス、自然で大好きなニュージーランドという、私の好きな外国同士の対決です。今度は深夜1時からの放送、思い切り早寝をして臨みます。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: