2007年08月22日

床にワックスを塗りました

今回の工務店は本当に良いところで、施主にとって不当に高い工事などについては何らかの工夫や提案をいつもしてくれるのです。

床材にワックスを2度塗りしなければなりません。しかしこれは1平米当たり1,200円〜1,500円ほどかかる作業であり、我が家の場合だと10数万円になってしまいます。そこで、作業の内容は誰でもできる大したものではないので、自分でやりなさいということでやって来ました、私と妻と妻の母のど素人3人です。

yuka.jpg

ワックスは有名なオスモのクリアーラピッドというもので、透明ではあるのですが従来のものより乾きが早く、4〜5時間でOKということです。では、ということで、午前と午後に1回ずつ、作業を1日で終わらせてしまおうと目論みましたが、工務店の方からストップがかかりました。体力的に無理だということです。

避暑地とはいえ記録的な猛暑、しかも窓を開けては塗った後に閉められなくなるので、締め切りの状態での作業です。最初は調理用の手袋をしていたのですが、薄すぎたせいかすぐに何度も破けてしまい、ほどなく“この方がやりやすい”とのことで、3人とも素手で塗り始めました(ワックスはウエスに染み込ませて床にすり込みます)。これが後で大変なことに・・・。

作業が終わり、水洗いするとヌルヌルのまま落ちません。その後乾いてくると今度はベタベタになり、合わせた両手を引き離すのに相当な力がいるくらい粘着性を持ってしまいました。床のみならず、自分の手にも何度も何度もワックスでコーティングしてしまったのでした。

次の日はこれに懲り、ちゃんと厚手の手袋をして2回目の塗りを終えました。最初からこうしていればということですが、この手のコーティングがとれるまでには数日かかりました。

今後住み始めると1年に1回くらいは塗り直しをしないといけないそうです。もう同じ失敗はしないぞ。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: