2012年02月01日

厳冬でも暖かい室内

ここのところの厳しい寒さで、よく朝のニュース番組のアナウンサーが「起きるとき布団から出るのがつらくて」などと言っていますが、幸い私たちにはその感覚がわかりません。外はマイナス10度に迫ろうかという気温ですが、ログハウス+薪ストーブは本当に体の芯から暖かい。

P2010011.jpg

暖かさの質が違うのですね。仕事で東京に行くと、エアコンの設定は26度でもあまり暖かくないことがよくありますが、わが家の温度計で26度といったら暑いくらいですよ。吹き抜けのレイアウトと相まって、寝るスペース(寝室という仕切りはありません)では最初は掛け布団を剥いでいるくらいです。

これまた嬉しいのは、ストーブで燃やしている薪が必ずしもお金がかかっているわけではないこと。年々ご近所さんなどから燃やす木をいただけるようになって、本当に助かっています。これこそ田舎暮らしの豊かさだと感じるこの頃です。
posted by bourbon_ueda at 00:00 | Comment(0) | 薪ストーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: